検索

HOSEN NEWS

本学における感染症対策について 2023年9月

投稿日2023/9/14

日頃より、本学の感染症対策にご理解とご協力をいただきましてありがとうございます。
秋学期以降の感染症対策を下記のとおりとしますので、適切に対応いただくようお願いします。
なお、新型コロナウイルス等に対する基本的な感染対策は重要であり、
引き続き、「三つの密」の回避、「人と人との距離の確保」、「手洗い等の手指衛生」、「換気」等の励行をお願いします。

■マスク着用について
・大学入構にあたって、その通学および授業中を含め構内滞在時には、マスクの着用を推奨します。
 ただし、次の場合は、マスクの着用をお願いします。
   ①同居家族がコロナ・インフルエンザ等に罹患した場合
   ②自身が感染した可能性があると思われる場合
   ③コロナ発症後10日を経過するまで
 また、学修の特性上、授業担当者が感染対策を必要と判断する授業科目については、
 適宜対策を講じますので、指示に従ってください。

・基礎疾患があるなど様々な事情により、マスクの着用を希望する場合や、健康上の理由により、
 マスクを着用できない場合もあることなどから、マスクの着脱を強いることがないようにお願いします。
 また、マスク着用の有無による差別・偏見等がないよう適切に対応願います。
・咳やくしゃみの際には、咳エチケットの実践をお願いします。
 ※咳エチケットとは・・・https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html

■登校前、自宅での検温・健康観察を継続する
※「健康観察表」データをダウンロードし、毎朝入力する(月1回Google classroomに提出)
https://drive.google.com/file/d/1VvGUJO5Lz2-4MK5KR0Vj08XRAkm3djNK/view

◆◆コロナ・インフルエンザ等に罹患した場合◆◆
・インフルエンザやコロナ陽性となった場合は、以下の内容をメールで罹患報告を行ってください。 

    宛先:授業担当教員と大学事務部(教務・学生課:kodomo_kyomu@po2.hosen.ac.jp)
    メール題名:出席停止連絡・学籍番号・氏名
     メール本文:①学籍番号・氏名
           ②診断された病名(例:コロナ、インフルエンザA型 等)
           ③発症日
           ④最終登校日
           ⑤医師からの指示内容(療養期間等)
 ※学生生活ハンドブック(p.20)の「出席停止連絡フローチャート」参照
 ※濃厚接触者相当の場合の報告は不要です。

■出席停止期間

 コロナの場合・・・・・・・有症状の場合:発症した後5日を経過し、かつ症状が軽快した後1日を経過するまで
           ・  無症状の場合:検体を採取した日から5日を経過するまで

 インフルエンザの場合・・・発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで

なお、今後、首都圏や学内で流行拡大がみられた場合など、対応等が変更になる場合があります。
最新情報などはホームページやポータル等でお知らせするので、確認をお願いします。