HOME > 建学の精神

建学の精神



宝仙学園の創立

「寺院は教育の源泉」

 昭和2年(1927)、緑深い中野の杜に感応幼稚園(現・宝仙学園幼稚園)が、翌年には中野高等女学校(現・宝仙学園中学・高等学校)が創設されました。宝仙学園誕生のときです。
 その後、昭和10年(1935)、東京では初めての仏教系の保育者養成校として仏教保育協会保姆養成所(現・こども教育宝仙大学)が開設。そして昭和28年(1953)に宝仙学園小学校が新設され、総合学園としての全容が整いました。
 宝仙学園の創立者は、真言宗豊山派の古刹・宝仙寺第五十世住職大僧正です。
「寺院は法事のみを執り行う所にあらず、社会に奉仕するのも寺院の使命。古来、そこは国民教育の場であったように、寺院は教育の源泉であり、社会の中枢に位置する存在である」(中野高等女学校設立趣旨より要旨)。
 このような信条のもとに、宝仙学園は創立されました。


弘法大師の「綜藝種智院」を模範に

 宝仙学園創立の背景には、真言宗の開祖・弘法大師(空海)の教えがありました。
平安時代の初期、わが国初の私学「綜藝種智院(しゅげいしゅちいん)」を創設したのが弘法大師です。当時は、地方に国学(学校)が設置されていたものの、そこは官吏を養成するための機関といった色合いが濃く、教育も儒教中心の教育が行われていました。しかし綜藝種智院では、広く庶民に門戸を開き、教育もあらゆる学問を探究する、自由闊達な教育が行われました。
 弘法大師に私淑していた創立者は、学園創立にあたって綜藝種智院を理想の教育機関とみなし、大師の思想を教育の根底におきました。

「人を造る」

 「私は、教育は『人』を養成するものであると確信致します。智識の如きは第二位にあるべきものだと思います。故に私はあの学校は英語が能く出来るとか、裁縫が旨いとか、音楽が上手だとか云って誉めて貰いたくないのであります。出来得るならば、あの学校は『何となく品がよい』と云って貰いたいのであります。」(中野高等女学校設立趣旨「人を造れ」より)
 創立者がめざした教育は、「人を造る」教育です。そして「宗教的信念を根底においた人格教育の達成」を目標に定めました。宗教的信念を得た人間は、どのような社会事情に遭っても、自らの力で人生を切り拓いていく。一方、宗教は教えこむものでなく、自然のうちに感受するものであり、自然の感化により得た信念は偉大な力となり、人間形成の源泉となる。こうした考えから、学園建設にあたっても、日々の生活で宗教的な雰囲気が感受できるようにと、その地を宝仙寺の敷地内に定めました。

「宇宙人格」を標榜

 創立者は「人を造る」教育として「宇宙人格」を標榜しました。宇宙人格とは、人智を超える巨いなるいのちの存在を感得することにより育まれる心豊かな人格を意味します。すなわち人は自ら生きているのではなく、巨いなるいのちにより生かされている。
このことを感得することにより、慈悲や感謝の心を育み、生きる意欲を高め、豊かな人生を歩む。創立者がめざした教育は、人間の存在を思考し、そこから人間の生き方を学ぼうという教育なのです。
 創立者の教育への想いは、宝仙学園の「建学の精神」として、80年余を経た今日まで連綿と受け継がれています。

 


宝仙学園の校章

支えあう三つの力

 宝仙学園の校章は、三角形が基本になっています。
 三角形の出処は胎蔵界曼荼羅に由来します。そこには414尊の仏様と中央上部に唯一仏様のかたちをしていない三角形が描かれています。お釈迦様の頭の頂きを象徴したものです。
 この三角形は、物を創造し、発展させる力を表しています。また正しい智慧を生み出す力を意味することから「遍知院」と呼ばれ慈悲深い仏様が生まれるところという意味で「仏母院」とも称されています。
 三角形は三つの角が支えあって調和のとれた世界を構成しています。仏教では「功徳力=自己の力」「加持力=相手の力」「法界力=自然の力」といいます。教育の世界にあてはめると一角は「学生・生徒・児童・園児」、一角は「学校・教師」、一角は「家庭」となります。
 宇宙(世界)が三つの力で調和が保たれているように教育も三つの力が支えあって完成します。これが宝仙学園の校章の意味する世界です。



 


宝仙学園のシンボルマーク

 平成12年(2000)、宝仙学園は新しいシンボルマークを制定しました。
 学園の頭文字「H」を5本のライン「大学」「高校」「中学校」「小学校」「幼稚園」で表し、5部門が「無限」(X)に発展していく意味をこめています。

 

学校法人宝仙学園 本部事務局 〒164-8628 東京都中野区中央2-28-3
Copyright©2013 Hosen Gakuen All Rights Reserved.