幼稚園の教育

幼稚園の教育

教育目標

  • TOP
  • 1.[考える力]を育てる
  • 2.[表現する力]を育てる
  • 3.[関わる力]を育てる

「しっかりと考える力を育てる」

“なぜ?”“どうして?”という好奇心を抱き、そこから試行錯誤してわかる喜びや楽しさを生み出します。
集団の中でどのように楽しく生活するかを考える経験によって、
将来必要となる聞き取る力、判断力、問題解決力を身につけます。

理科実験教室

1学期に1回、年長組を対象に宝仙学園小学校の理科専科教諭による「理科実験教室」を行っています。理科学習で最も大切にしていることは、身のまわりにある多くの不思議を発見し、疑問に思う気持ちを引き出すことです。40分の理科実験教室の後は、幼稚園でふり返りや追加実験を行います。また、お土産を持ち帰り、親子で実験の内容を確かめることもあります。こうした一連の体験を通して、生活の中で生まれるさまざまな疑問を「質の高い気付き」に変え、もっと知りたいという「知的な興味関心」を高め、科学的な考え方ができるように導きます。

数・図形あそび

カラーキューブやパターンブロック、積み木などの知育教材を活用し、数や図形のきまりや不思議を体験します。つくりたい何かを見つける、何かを完成させるためにはどうしたらいいかを考える、お手本をまねる。これらのつくる課程で、数や図形が持つイメージや概念と向きあい、発見から「なるほど!」と納得をしたのちアレンジしていく発想力を培います。意欲的に粘り強く取り組む姿勢は、これからの人生において身につけておかなければならない大切な要素のひとつです。

ページ上部へ