幼稚園ブログ

幼稚園ブログ

おたまじゃくし採り

2010年04月14日

 はなまつりの帰りに立ち寄った宝仙寺の池におたまじゃくしがいることに気付いた子どもたち。去年の年長組が採ってきてくれたことを覚えている子どもは「年少組、年中組に届けようよ!」おたまじゃくしを採りに行くことになりました。
おたまじゃくしを小さい子どものためにいくつかのバケツにいれて、幼稚園に帰ります。
1つのバケツを3~4人で持って、揺らさないように・・・こぼさないように・・・そっと必死に運びます。もうすぐ届けるから待っててね♪

おたま1 おたま2
、「ねぇねぇ、ここにいっぱいいるよ♪」
  「あそこに大きなおたまじゃくしがいる」  
小さいのたくさんいるね。」
「生まれたばっかりだから、小さいんだよ。」
おたま3
年少組の先生に届けました。
 「大切に育ててください。」「茹でたほうれん草を食べるよ。」

鳥組と月組の食事交流

2010年01月26日

 今日は、年少組の鳥組と、年長組の月組が一緒にお食事をしました。
 月組は、鳥組が話す可愛らしい会話を聞いたり、少し恥ずかしそうにしている様子を見て、『僕たちもこんなに小さい頃があったんだ』と自分達の小さい時期を振り返る姿がありました。
 また、鳥組は、自分達にお食事を配ってくれたり、優しく話しかけたりしてくれるお兄さん、お姉さんと一緒に過ごし、『大きくなったら、こんなこと出来るようになるんだ!すごいなぁ!』と、憧れの気持ちを抱いていることでしょう。
 年齢の違う友達と一緒に食べる食事は、それぞれが格別な思いを抱き、心がほのぼのとする時間でした

月食事① 月食事②
月組が『友達になるために』の歌を、手話をつけて披露しました♪
心をこめて唄う様子に、じーっと耳をすませる鳥組です。
『今度は僕達の番!』
 鳥組も負けずに、大きな声で『ぶたさんの歌』を歌ってくれました。
月食事③ 月食事④
お食事は月組の食事当番が運んでくれます。
『ありがとう』と鳥組にお礼を言われると、喜んで月組も『どういたしまして』と答えます。
『こぼさないで食べたよ』『ちゃんと待ってられたね』と鳥組の子ども達を見直した年長組でした

年中組の球根植え

2009年12月15日

 今日、年中組でチューリップ・アネモネ・クロッカスの球根を植えました。土の奥まで掘って球根を入れていきます。春に花が咲くのをみんなで待ちます。
「私たちが年長組になったら花が咲くね」「楽しみ、楽しみ・・・」顔を見合わせ、球根の成長と自分たちの進級を重ね合わせ、期待に胸を膨らませていました。

苗1 苗2
球根の大きさや形の比べっこ、「玉ねぎみたい、こっちはお芋だね」「どこから芽がでるのかな?」「どっちに向けて植えたらいいのかな?」と発芽を考えながら植えました

年少組が集まってきて「何やってるの?」
「球根植えてるの、花が咲くの」  「ふーん」

苗3 苗4

「大きくなーれ!」優しく土をかけていました

最後にお水をかけて「お花が咲くのを待ってるからね」

食事交流

2009年11月17日

年少組は入園当初は年長組の手伝いを受けて生活し、年長組は一緒にリレーをしたりして遊んできました。
他学年との交流で、小さな組は年長組への憧れの気持ちをもち、年長組は小さな組に優しくする気持ちをもちます。
食事や遊びでの交流が土台となり、3学期に行われる『楽しい子ども会』へ繋がっていきます。

食事交流1 食事交流2
お食事の前にクイズは年中組が出します。年長組のように言えるかな? クイズの後は触れ合い遊び。「こうするんだよ。」と年長組が優しく教えます。
食持交流3 食事交流4
「私の名前はみ・お・り。よろしくね♪」 たくさん食べる年長組を見て、普段食べない子どもも食が進みます。
食事交流5
「みんなで食べると楽しいね♪」「パーティーしてるみたいだね♪」

雨の散歩

2009年10月13日

「雨の中を散歩したいね♪」 一人の子どもの発言から、皆で傘を差して雨の園庭を散歩しました。

雨の散歩1 雨の散歩2

「ポツポツ音がするよ♪」
「木を揺らす、たくさん雨が降ってくる!!」
「土が柔らかい!」「かえるはいるかな?」
 「また雨の散歩したいね♪」
 いつもとは違う園庭の散歩でたくさんの発見をして大満足♪

保育室に年少組や先生に手を振って        「やっほ~!」


ページ上部へ