幼稚園ブログ

幼稚園ブログ

年少の食事が始まりました

2011年04月22日

年少組も食事が始まりました。クラスの友達と一緒に食事をする楽しさを感じられるように声をかけながら、毎日食事をしています。
お家で食事をする様子とは違い、みんなで一緒に挨拶をしたり、隣りの友達の食べる様子が見えたり、初めてみるメニューもあったり・・・
同じ食事をすることで、嫌いなものも頑張って食べている友達の様子に励まされちょっと口にしてみたり、保育者の真似をして「おいしいね」と友達と顔を見合わせたりする姿も見られます。

年少食事1 年少食事2

お食事までみんなで手遊びをして待っています。「トントントントン♪アンパンマン♪」バイキンマンをやっつけよう!  「ア~ンパンチッ!」

お食事の配膳を待っています。「今日のお食事な~にかな?」
年少食事3  
「手はおひざで待っててね~待っててね~おいしいお食事配るから~今日はおいしいチキンカツだよ♪」  
年少食事5 年少食事6
年少食事4  
一人ひとりの進み具合によって、おかわりを勧めたり、量の加減をしたりしています。
最後は自分のお皿がぴかぴかになることを目標に、楽しく食べられるようにしています。
「おにく、カリカリしてるね」 「やさい、たべられるよ。みててね」 「もうすぐピカピカマンだよ」
年少食事7 年少食事8

保育者や年長組の真似をしながら、手を合わせ心静かに挨拶をします。

片付けも自分で食器を運び、食器は食器、コップはコップ、ごみはごみなど、分けて片付ける経験をしています。
「これはどうするの?」「○○ちゃんの次に並ぶんだよね」といいながら、片付けの順番を待っていたり、どこに何を片付けるかを保育者に聞いたり、前の人が行っている様子を見ながら行なう姿も見られます。

3学期修了式・お別れ式

2011年03月14日

1年間無事に過ごせたことを感謝し、お釈迦様に報告いたしました。

3修了1 3修了2
職員による献灯献花を落ち着いた気持ちでみていました。 最年少組、年少組、年中組が参加し、1つ大きくなる嬉しい気持ちをもって、園長先生の話をよく聞いていました。
3修了3 3修了4
退職する職員のお別れ式には、たくさんのお母様方にもお集まりいただきました。 子どもたちが大変お世話になり感謝しています。
新しい職場でもお元気で。

空組 あこがれの年少組に誘われた「お買い物ごっこ」

2010年12月17日

満3歳児空組の子どもたちにとって、ひよこバッチの年少組はあこがれの存在。
今日は年初組に誘われて「お買い物ごっこ」を楽しみました。
年少組にとって、自分より小さな子どもたちを相手にして、お兄さんお姉さん気分を味わいました。

お買い物1 お買い物2
「アイスクリームはいかがですか?」と言われたら、「先生と一緒にいくらですかって言おうね」お買い物のやり取りを経験しています。 「これ下さい。いくらですか?」保育室で練習してきたことを一生懸命に伝えることができました。
お買い物3 お買い物4
     お金を渡すのも忘れずにできました。 「ポケットに入れたお金どこかな~?」忘れずに渡せたかな
お買い物5 お買い物6
  「ジュースもうひとつ下さい」
        同じものでもお買い物を楽しんでいます
  「アイスクリームのはスプーンもついていますよ」
                       「はいどーぞ!」
        年少組のお店屋さん上手ですね

「年少組 お店屋さんごっこ」

2010年12月16日

毎日毎日お店屋さんの品物を作っては遊び、作っては遊びを繰り返し、品物がたくさん集まったところで本当のお店屋さんごっこの開店です!!
マイバック(紙袋)を持参し、お金(ペットボトルの蓋にアルミホイルをまいたもの)を3枚もらい、売り手と買い手に分かれ、「いらっしゃいませ~」「どれにしようかな??」とお店屋さんごっこを楽しみました。

お店1 お店2
「お魚やさんがいい人~??」「望遠鏡やさんがいい人~??」それぞれ、自分が売りたい品物を決め、お店屋さんの売る人になりました。でも問題が発生・・・
「ここのお店は売る人が一人しかいないけどどうしよう?」
「いいよ。私が変わってあげる。」心の広い人に救われました。
いざ、お店が決まると、商品を丁寧に並べたり、買ってくれるかな?とちょっと心配をしたりしながら開店準備。
お店3 お店5
お店4 お店6
買う人は3枚お金をもらって大事にポケットにしまいました。 そしていよいよお店屋さんごっこの開店で~す!!
 「いらっしゃいませ~」「りんごいかがですか?」「残り3つで~す」
お店7 お店8
「この魚おいしいよ~。」「1つ下さい。」
             「毎度ありがとうございまぁ~す。」
「メロンアイス下さい。」「はいメロンアイスですね。今作ります。お待ち下さい!」
 それぞれ売り買いに必要な言葉を使いながら、言葉のやり取りを楽しみました。
お店9
「私キャンディイレイ買ったの。いいでしょ~う!」
 「アイス美味しい!!」 
最後は買った品物を見せあいながら、食べたり、自慢したりと喜んでいました。

「年少組 泥粘土」

2010年12月08日

いつもの油粘土ではなく、今日は、手、足、身体と全身で泥粘土の感触を楽しみました。「冷たいね。」「すべすべするね。」「ぬるぬるするね。」と喜んで泥粘土に触れていました。じっくりと触れ、形を作ることを楽しんだ子どもたちは「またやりたい!!」と口々に言っていました。

泥1 泥2
「今日はいつもと違う、『泥粘土』という粘土であそびます。泥粘土を貸して下さった、大学の造形の先生、捧先生も泥粘土で一緒に遊びにきて下さいました。」
「わぁ~楽しそう。」「早く触りたいなぁ。」子どもたちの目が輝きました。
初めは手を使って泥粘土に触れました。
「ギュッギュッと押したらおせんべいみたいになったよ。」
手の平で押して伸ばしたり、コロコロ丸めたり、指で穴を開けたり様々試して遊んでいました。
泥3 泥4
手だけではなく、力を入れるために自然と足まで使って泥粘土に触れました。
「にゅるにゅるして気持ちがいい~!!」

「もっともっといっぱい使おう!」

泥5 泥6

こんな形もできました。
「怪獣だぞ~!!」

「先生。ほら僕の顔!!」

泥7
みんなでつなげたら、いつの間にか長~いへびになり、
最後は円くくっついて、線路に変身しました。


ページ上部へ