幼稚園ブログ

幼稚園ブログ

「年少組 お店屋さんごっこ」

2010年12月16日

毎日毎日お店屋さんの品物を作っては遊び、作っては遊びを繰り返し、品物がたくさん集まったところで本当のお店屋さんごっこの開店です!!
マイバック(紙袋)を持参し、お金(ペットボトルの蓋にアルミホイルをまいたもの)を3枚もらい、売り手と買い手に分かれ、「いらっしゃいませ~」「どれにしようかな??」とお店屋さんごっこを楽しみました。

お店1 お店2
「お魚やさんがいい人~??」「望遠鏡やさんがいい人~??」それぞれ、自分が売りたい品物を決め、お店屋さんの売る人になりました。でも問題が発生・・・
「ここのお店は売る人が一人しかいないけどどうしよう?」
「いいよ。私が変わってあげる。」心の広い人に救われました。
いざ、お店が決まると、商品を丁寧に並べたり、買ってくれるかな?とちょっと心配をしたりしながら開店準備。
お店3 お店5
お店4 お店6
買う人は3枚お金をもらって大事にポケットにしまいました。 そしていよいよお店屋さんごっこの開店で~す!!
 「いらっしゃいませ~」「りんごいかがですか?」「残り3つで~す」
お店7 お店8
「この魚おいしいよ~。」「1つ下さい。」
             「毎度ありがとうございまぁ~す。」
「メロンアイス下さい。」「はいメロンアイスですね。今作ります。お待ち下さい!」
 それぞれ売り買いに必要な言葉を使いながら、言葉のやり取りを楽しみました。
お店9
「私キャンディイレイ買ったの。いいでしょ~う!」
 「アイス美味しい!!」 
最後は買った品物を見せあいながら、食べたり、自慢したりと喜んでいました。

「年少組 泥粘土」

2010年12月08日

いつもの油粘土ではなく、今日は、手、足、身体と全身で泥粘土の感触を楽しみました。「冷たいね。」「すべすべするね。」「ぬるぬるするね。」と喜んで泥粘土に触れていました。じっくりと触れ、形を作ることを楽しんだ子どもたちは「またやりたい!!」と口々に言っていました。

泥1 泥2
「今日はいつもと違う、『泥粘土』という粘土であそびます。泥粘土を貸して下さった、大学の造形の先生、捧先生も泥粘土で一緒に遊びにきて下さいました。」
「わぁ~楽しそう。」「早く触りたいなぁ。」子どもたちの目が輝きました。
初めは手を使って泥粘土に触れました。
「ギュッギュッと押したらおせんべいみたいになったよ。」
手の平で押して伸ばしたり、コロコロ丸めたり、指で穴を開けたり様々試して遊んでいました。
泥3 泥4
手だけではなく、力を入れるために自然と足まで使って泥粘土に触れました。
「にゅるにゅるして気持ちがいい~!!」

「もっともっといっぱい使おう!」

泥5 泥6

こんな形もできました。
「怪獣だぞ~!!」

「先生。ほら僕の顔!!」

泥7
みんなでつなげたら、いつの間にか長~いへびになり、
最後は円くくっついて、線路に変身しました。

「月組、鳥組のリズム、食事交流」

2010年12月07日

大きな月組とかわいい鳥組でリズムと食事の交流をしました。4月には何にもできない鳥組に、優しく身の回りのお世話をしてくれた月組。鳥組では「明日は月組と2階でお食事を食べます。」の言葉に目を輝かせながら今日を迎えました。一方月組では「鳥組も一緒に踊れるダンスをつくろう!!」と張り切っていました。

月組では、クラスで楽しんでいる♪「ほ・ほ・ほ」のふれあい遊びを、鳥組の子どもたちもできるようにと「こうしよう、ああしよう」と少しやりやすい方法を子どもたちで考えていました。

花、鳥1 花、鳥2
「ここでは手を合わせるよ」「口のところで手を広げて」と丁寧に伝えています。
優しくしてあげようという気持ちから自然と腰をかがめたり、目線を合わせる為に膝をついて顔を寄せて教えてあげたりしていました。
花、鳥3 花、鳥4

鳥組の子どもたちも、一生懸命年長の姿を見て、一つ一つ真似をして楽しみ、できるようになったときには嬉しそうな表情をしていました。

終わった後には「上手だったね」「もう覚えたの?すごいね」と年少組をほめてあげる姿まで見られました。

花、鳥5 花、鳥6
一緒に踊って楽しんだ後は、年長組が「楽しい子ども会の歌」を聞かせてくれました。「♪すてき~なメロディきこえたら・・・」子ども会を知らない鳥組も、子ども会って何だか楽しそうだなと心をワクワクさせているようでした。 お食事は、2階の月組に鳥組が招待され、2階で一緒に食べました。椅子の高さ、お食事の量、食べるスピードなどなど、鳥組との違いに子どもたちは驚いていました。それがだんだんと憧れに変わっていくのかなぁ・・・。
また一緒に遊ぼうね。

「指編み」

2010年12月07日

友だちが始めた「指編み」興味が広がり、「わたしもやりたい!」「おしえて」と子どもたちどうしで教えあい毎日夢中になってやっています。毛糸を外へ持っていき、陽のあたる場所でほっこりじっくりつくっています。

指編み1 指編み2
長くなる楽しさ、嬉しさを感じながら作っています   「なにやっているの?」
         年少組も気になって見にきました

「虹組・森組の交流」

2010年12月01日

年少虹組と年長森組で、歌や触れ合い遊びで交流をしました。「虹組と森組はなかよし!」と2度目の交流を楽しみにする声もあり、今日はお兄さんお姉さんが虹組まで迎えに行き、2階の森組のお部屋にご招待しました。
 安全に階段を上るために、「右側に手を繋いであげると、虹組の子が手すりを使えるね」「ここに、一緒に座ろうね」など、小さな子に優しく愛情をもって接する姿がたくさん見られました。

森虹2 森虹1
  ♪トントンごあいさつ♪
       視線や背を合わせ、手を重ね・・・
       「いっしょにおどるとたのしいね」

今度は4人組・・・お兄さんお姉さんに手を引かれながら、新しい仲間を増やします

森虹3       森虹4
一緒に遊んで仲良くなったお友だち
 ♪あなたのお名前は?♪距離がぐっと近づきました
 最後は年長組のつくったトンネルをくぐって帰りました
              「またいっしょに あそぼうね」


ページ上部へ