幼稚園ブログ

幼稚園ブログ

戸外遊び

2010年05月06日

中戸外1 中戸外2
<5月晴れのある日>
園庭にはこいのぼりが元気におよいでいます
20度を越した気温の中子ども達は水あそびにおおはしゃぎです
中戸外3 中戸外4
水たまりのできた場所から「どろあそび」が始まります。
「どろんこ あったかいよ!」「ぺとぺと きもちいいねー」
バケツのきれいな水とストローで息をふきこみ
“ポコポコポコ・・・”
新しい遊びが始まりました。
中戸外5 中戸外6
そこに空組の子もやってきて・・
年中    「このストローかしてあげる」
空組    「ありがとう」
小さな交流も見られました。
<2人だけの基地>
  スコップを使い、入り口をふさぐ子ども達。
  「2人だけの基地だけど、誰か遊びにこないかな~」
  周りの子ども達の様子を気にしていました。
中戸外7
「暑い日の泥遊びって気持ちいい!」
子ども達は、全身泥んこになって開放的に遊んでいます。

おたまじゃくし採り

2010年04月14日

 はなまつりの帰りに立ち寄った宝仙寺の池におたまじゃくしがいることに気付いた子どもたち。去年の年長組が採ってきてくれたことを覚えている子どもは「年少組、年中組に届けようよ!」おたまじゃくしを採りに行くことになりました。
おたまじゃくしを小さい子どものためにいくつかのバケツにいれて、幼稚園に帰ります。
1つのバケツを3~4人で持って、揺らさないように・・・こぼさないように・・・そっと必死に運びます。もうすぐ届けるから待っててね♪

おたま1 おたま2
、「ねぇねぇ、ここにいっぱいいるよ♪」
  「あそこに大きなおたまじゃくしがいる」  
小さいのたくさんいるね。」
「生まれたばっかりだから、小さいんだよ。」
おたま3
年少組の先生に届けました。
 「大切に育ててください。」「茹でたほうれん草を食べるよ。」

楽しい子ども会の後は・・・

2010年02月25日

楽しい子ども会が終わった後は、年長組から衣装を借りて、年長組の劇ごっこをして遊びます。
 みんなの憧れの年長組の衣装を着た年中組は、なんだかお兄さん・お姉さんになった気持ちになり、嬉しくて笑顔いっぱいです。
年長組の劇を見るだけでなく、衣装を借りたり、劇ごっこをする経験を重ねることで、今の年中組は来年の楽しい子ども会につながっていきます。

子ども会後1 子ども会後2
「始めはなんだっけ?」「かごめ かごめだよ♪」
 数回しか見ていな劇を子どもはよく覚えていて、皆で思い出しながら楽しみます。
細かい台詞も覚えていて、先生も驚きです!
園児にとって年長組は憧れの存在なんですね。
子ども会3
楽しい声に誘われて、他のクラスの子どもも見に来ました。

年中組へ引き継ぎ

2010年02月22日

毎年この時期になると3月で卒園する年長組が、4月から年長になる年中組に幼稚園の色々な約束事を教えてくれます。年長組が優しく手をつないで1つひとつ教えてくれることで、年長組への憧れや優しさを感じます。
 教えることはたくさんあるけど、伝えられたかな?

引継ぎ1 引継ぎ2
年長中でペアになり、優しく教えてあげます。
 そんな年長組は頼もしいですね。
「ここは危ないから登ったらダメだよ。」
引継ぎ3

一生懸命に教える年長組の姿を見て、年中組も真剣に話を聞きます。

防犯訓練

2010年01月22日

 中野警察の方の指導の下、防犯訓練を計画し、今回は不審者が宝仙寺のお墓から侵入したという想定で実施しました。不審者は警察の方だとわかっていても、緊張して慌ててしまいます。非常時に響く笛の音。教職員は何よりも優先される子どもたちの安全確保、警察への連絡・協力要請の連絡・不審者への対応など教職員で連携をとり、声をかけ合い、無事に終了しました。その様子をお知らせします。

防犯1 防犯2
楽しく遊んでいるときの出来事です。「お部屋に入りなさい!」先生の声に非常事態を感じて避難します。 「不審者がお墓から進入!」体を張って、不審者と対応します。ナイフを持っているかもしれません。先生も自分の命を守ります。
防犯3
終了後、年中組・年長組は集まり、警察の方から命を守ることの大切さと子どもが実際気をつけることなどお話があり、「知らない人についていかない」「大きな声で助けを求める」「不審者から逃げる(子ども110番)」など子ども一緒に考えながら真剣に聞きました。


ページ上部へ