幼稚園ブログ

幼稚園ブログ

ダンボールハウス遊び

2011年06月14日

日曜参観で、年長組がお父さんと一緒にダンボールハウスを作りました。
各クラス、生活グループに分かれ、子どもだけの協力だけではなく親子の協力、大人同士の協力もあって15棟のダンボールハウスができました。
当日は作ることで精一杯!遊び足りない子どもたちの様子をみて、次の日、雨が予想されていましたが、また遊べるように先生たちは、ダンボールハウスをテラスや1階保育室に運び、雨やどりさせました。次の日のお休みの日はザーザーの雨。先生たちは「ダンボールハウスは大丈夫かしら・・・?」と心配しました。

休み明け、園庭にはダンボールハウスがいっぱい!!!子どもたちは大喜び!!
さっそくおうちで遊びだす子どもたちでした。

だん1  
様々な学年がダンボールハウスで遊んでいます。
「こっちに大きい家があるよー!」「調度いい椅子があった!」
 
だん2 だん3
だん4  
 自分達の隠れ家にして喜んでいます。
「子どもしか入っちゃダメだよ~」「ここ崩れそうだから直そう!」
だん5 だん6

年中組の遊びに来て、おうちごっこが始まりました。 「お団子作り上手でしょ~」「こことここくっつけちゃおうよ!もっと大きくしよう!」

だん7 だん8
 時間が経つと遊び方が変わり、おうちの形を自分達でアイディアを出し合い、また違うおうちが出来てきました。 「ここ階段つけようよ!」「宇宙船みたいだね!」
ダンボール11 ダンボール12
「わーい お家だー!」ままごとセットをもってきて、お家ごっこが始まりました 「トントントン、入れて」「どなたですかー?」窓を開け閉めしたり出入りしたりして楽しんでいました。
ダンボール9 ダンボール10
子どもたちは遊んでいても、先生たちは使わないダンボールを少しずつ片付けていきました。その様子をみて、片付けマンの子どもたち参上!
十分に遊んだ子どもたちは片付けも遊びとして楽しんでいました。
楽しく遊んだ後は、片付け片付け!力を合わせてワッショイワッショイ運びました。

日曜参観の活動を保育の中で引き続き楽しむことができました。年長組だけでなく園全体で片づけを含め充実した1日になりました。
日曜参観に参加していただいたお父様、お母様どうもありがとうございま

年中 雨の散歩

2011年06月08日

朝からシトシト雨が降っていて、外で遊ぶことができませんでした。ですが、せっかく降っている雨を楽しもう!と、雨の中を散歩しました。
雨の中を散歩することがない子どもにとっては、新しい雨の楽しみを知ることとなりました

中散歩1 中散歩2
    雨の中の園庭にはどんなことがあるのかな?
子ども達はドキドキです
       1本の傘にお友だちと一緒に入ります
「二人で入ると、傘が小さいね」
中散歩3 中散歩4
木を揺らすと雫がたくさん降ってきます
傘に雫が当たり「ポタポタ」と鳴ると子どもたちは大興奮!
「大雨注意報!!ご注意ください」
傘からはみ出さないように、お互いを思いやります
中散歩5 中散歩6
園庭の木は、大きな傘にもなるけれど、大雨装置にもなりました 木の下で雨やどり。遠くにいる先生に「やっほー!!」
   
   
   
   

年中 構成遊び

2011年06月07日

色々な形に切った紙を組み合わせて構成遊びをしました。○△□の形の組み合わせ(構成遊び)は、以前遊んだことがあります。今日は偶然できた形を組み合わせて行いました。画用紙に貼る前に、ああでもない、こうでもないと様々な紙を試しながら組み合わせてできあがったのは・・・・動物や電車など色々なものができました。

構成遊び1 構成遊び2
真っ直ぐ、うねうね、ギザギザ、小さくなど自分が切りたいように切っていきました。何だかわからない形を組み合わせ、見立てていきます 「僕のはくじらだよ」「でこぼこの山ができた!」ちょっとした形やふちの線の感じから発想していきます。次々にでイメージが広がりました
構成遊び3 構成遊び4
組み合わせが決まったら、のりで貼ります。「かわいいキリンができた♪」 次の日。のりが乾いたのでマーカーで色をつけました
構成遊び5  
自分たちがイメージしたものが色をつけることでよりそのものらしくなりました  

年中 砂場あそび

2011年06月06日

夏を感じさせるような暑さの中、子どもたちの大好きな砂場で水を使って遊びました。大きなプールをつくって、「クラスみんなを入れてあげよう」とスコップを持ち、せっせと穴を掘りました。水をたっぷり汲んで、プールの出来上がり!!

中 砂場1 中 砂場2
 「3,2,1・・・ジャ~ンプ!!」何度も飛び込み、水の跳ね上がりや冷たさなどを楽しみました

木を重ねたら、シーソーができました。「ギッタンバッタン、お尻がぬれないように・・・」

 

年中 ロボット作り

2011年05月13日

ロボットカミィの紙芝居を読み終えた後、子どもから「カミィを作りたいね♪」という声が出たので、世界に一つの自分だけのロボットを作ることにしました。
ロボットを作るために必要な材料を自分で考えて選んだり、箱と箱が取れないようにセロハンテープでしっかりと止めたりしながらできたロボット!!
「ここから悪者をやっつける黒いドロドロが出るの」「アンパンマンが困ってたら助けるの」「これは…何かあるか見つけるもの」一つひとつに意味があります。
幼稚園の中を探検したり、先生たちに自慢をしたりしながら、一緒に遊びました。

中ろぼ1  
「これを頭にしよう!」
頭や腕、足をどれにしようか、考えながら選びます。
 
中ろぼ2 中ろぼ3
                                 完成のイメージをしながら、材料を繋げていきます。
                           また、友だちのしている工夫を見て、自分のロボットにも取り入れたりもします
中ろぼ4 中ろぼ5
                                        「ここくっつけたいから押さえてて」「いいよ♪」
                                 作っている中で自然と友だちとの交流がでてきます
中ろぼ6  
         「ロボットしゅっぱーつ!」
    自分だけのロボットができて嬉しいな♪
 
   
   


ページ上部へ