幼稚園ブログ

幼稚園ブログ

年少手伝い

2012年05月11日

4月から宝仙学園幼稚園の年少組。お母様と離れての初めての生活、わからないこと、できないことがたくさんあります。そんな年少組のために、年長組が、毎日年少組のお手伝いをしています。

始めは言うことを聞いてくれない、何もしない年少組に困っていましたが、「ここに片付けるんだよ」「ここに座って」「この洋服に着がえようね」など、優しく声をかけてかかわることができるようになっていきました。

自分より小さい子どもとかかわることで、人の役に立つことの嬉しさや優しさをもってかかわることの大切さを感じる良い機会となっています。

遊具の片付け 遊具の片付け
遊具の片付け 着替え手伝い
トイレの援助 トイレの援助
トイレの援助 食事の配膳、挨拶
食事の配膳、挨拶 食事の配膳、挨拶
着替え手伝い

 

2Fデッキ

2012年05月11日

長組として新しい活動が始まり忙しい、毎日が続き時間のある日は雨・・・
今日こそ!自由に遊んでも良い場所だからこそ、皆で遊び方を話し合いからはじめました

まずデッキにある遊具の説明を聞きながら遊具を出してみました フープは真ん中で、キックボードは大きく回る・・
など皆で危険がないように遊び方確認して、いざ開始
( 全体的 ) 「バランスカーは難しい?!」
まずは、一人で柵を使って前に進んで だんだん上手になったら、お友達の手を借りながら
練習を続けたら、もう一人で少しずつ進めるようになりました 遊具での遊びも楽しいけど、「あーここのお家もステキだよね・・」
と皆でお家ごっこも始まりました。

※年長組だけはいつも遊べる特別な場所、2Fデッキ!
これからどんな遊びが広がるか?楽しみです

森組と雪組のお絵描き遠足

2012年05月02日

こども教育宝仙大学の造形の先生の捧先生とのコラボレーションも3年目になり、今年度より雪組の大和田先生も仲間になり、より、楽しい意義のある活動にしようと意気込んでいます。

年中・年長のペアの森組と雪組で大学の造形室にお絵かき遠足に行きました。作りました。「なぞるから動かないでポーズをとっててね!」じっと動かないで「よし、おわったよ」と立ちあがって眺めて、「ぼくの形ってこんなだったんだ!」と自分の身体の大きさ・太さ・形を見て面白がっていました。

また、身体の形にそって線を描くことが初めての年中組にとって、そって描くことは難しくできあがった形は少しぽっちゃりしていて、年長組は細かな指の間まで描くなど年齢による差も見ることができました。
最後にはできあがった形をうろこに見立て、大きなこいのぼりを作りました。子どもにとっても、先生にとっても楽しいお絵かき遠足となりました

 

リトミック教室

2012年04月20日

今年度からの新しい取り組み、リトミック教室がいよいよ始まりました。
どの学年も、子どもたちの笑顔がいっぱいのとても楽しい時間でした。

忍者の修行はけっこう難しい。でも、忍者になるのは楽しいね。
「忍法、床になるの術」「忍法、地蔵になるの術」
「友だちと一緒に時計を作りましょう!」「えーっ時計??うーん難しい」
ピアノの音が高くなったら、バレリーナのようにつま先立ちで歩きます。
低くなったら、音にあわせて、ゆっくりゆっくり歩きます。ピアノの音をよく聞くということがとても大切な活動です。

 

非常用すべり台体験

2012年04月20日

「どうして滑り台をすべるの?」「もし、火事や地震で階段が使えなかったら・・・?」と子どもたちも非常用滑り台を経験することの意味を理解しながら真剣に取り組んでいました。

 


ページ上部へ