幼稚園ブログ

幼稚園ブログ

雪あそび

2013年01月16日

雪の中の登園で、少しずつ気持ちが高ぶっていた様子の子どもたち。「おはよう」というや否や帽子をもって「行ってきま~す!!」と一目散に園庭へ。まだ踏まれていない雪の上を歩いて足跡を残したり、真っ白い雪の上に寝転んでみたりと、寒さに負けず元気いっぱいに遊びました。

2階デッキの雪を集めて『かまくら』を作ろう
「この大きさじゃ、まだ中に入れないよ・・・」
 「全員中に入れないね・・・」
と、雪だるまのための『かまくら』になりました
 「ぶどう味と、いちごと・・・おいしいですよ」
綺麗な雪だけを集めて、シャーベット屋さんが始まりました
「雪でボールが滑るねぇ」
こんな雪の中でも・・・やっぱりサッカーはやめられない!?

 

理科実験教室

2012年12月05日

第2回 理科実験教室が行われました。今回の先生は山田先生です。『サラサラ・トロトロ・ドロドロ・プヨプヨ』と、液体の変化の不思議さや感触の楽しさを感じる「スライムづくり」でした。サラサラとした特別な薬の入った液体に、ドロドロとした色水を混ぜよ~く揉んでいくと、段々と感触が変化していきました。最後は手のひらにのせ、転がしてみたり伸ばしてみたりと、プヨプヨの感触を楽しみました。

小学校の山田先生のお話をよく聞いて・・・ 袋の中に液体を入れながら「サラサラ~」「トロトロ~」
袋をよく揉んでいくと・・・「あっ、固まってきた!!」
液体の変化を手のひらで感じていました。
「うわ~ プヨプヨしてる」「ビロロロ~ン伸びたよ」
 
もう一つの実験です。片栗粉と水を混ぜただけなのに・・・
感触の違いに驚きました
トントンと押すように触った時と、ゆっくり触った時との
固さの違いに気付き、何度も楽しみました。
 

 

みんなで大縄跳び

2012年11月26日

2学期の大きな行事を経験したことで、クラスの皆で1つの目的に向かって取り組むことを楽しめるようになりました。
そこで、新たな目的として3人~5人のグループで大縄跳びに挑戦してみることにしました。始めは取り組み方に差はありましたが、友だちができるようになっていく姿を見たり、何度も繰り返し練習したことで跳べる回数が増えていくことを喜んだりしていくうちに、クラスのみんなで楽しむようになりました。
目標は卒園までに全員で10回跳ぶこと!!気持ちを1つに頑張ろう!!

   
気持ちを1つに高く、ジャーンプ! 「1、2、3・・・」 何回跳ぶことができるかな?

 

宝仙祭 ~準備・当日~

2012年11月05日

◎準備
一学期から少しずつ準備を始めていた宝仙祭。
前日は、段取りよく母の会の幹事さんが中心になり、お部屋の飾り付けや、商品のディスプレイなど思い思いに準備をすすめる様子が各パート見られました。
バザー(年長)、カレーハウス(年中・最年少)、プレイランド(年少)と
各学年お母様方のお手伝いのご協力をいただき、当日を迎えることができました。
 

◎当日
いよいよ当日、どのパートも意欲満々。お母様方のパワフルな笑顔、張り切ってスタートです。
カレーハウスの下準備。朝早くからお母様方が厨房に入り、作業をしていました。
バザーやプレイランドも抜かりなく、さあ、開始!!
どのコーナーも大盛況。忙しくお仕事をしているお母様方を見て、子どもたちもなんだか嬉しそうでした。お母様方全員のお力で宝仙祭は大成功!!
お父様や御祖父母の方々のご協力にも感謝です。ありがとうございました。

理科実験教室「ミステリーウォーター」

2012年07月18日

年長組の理科実験教室

 

年長組が小学校の理科室に行き、理科実験を行いました。
初めて見る理科室に驚き、小学生になった気持ちで実験を行いました。
今回はマローブルーというハーブから色水を作り、レモン水・キンカン液(かゆみ止め)・の液体やや重曹・クエン酸の粉末を入れ、ピンク・紫・青紫に変化する水の不思議さを体験しました。

小学校の吉金先生から理解室にある不思議なものを紹介してもらいました。 「これはがちょうの卵です」

自分達で色水作りをしました。
「色がでてきた!」「花がどうして紫になるんだろう!?」
自分達で色水作りをしました。
「色がでてきた!」「花がどうして紫になるんだろう!?」
試験管やビーカーなど初めて扱う教材にドキドキしながらも、そーっと扱いながら実験していきました。
試験管やビーカーなど初めて扱う教材にドキドキしながらも、そーっと扱いながら実験していきました。 先生から様々な液体を入れることで、変化することを聞き、
いざ実験開始・・・
試してみると・・・・あら不思議!
先生から様々な液体を入れることで、変化することを聞き、
いざ実験開始・・・
試してみると・・・・あら不思議!
「水の色が変わった!!なんでだろう!?」
水の色が変化することに驚きました

最後には質問コーナーを設けました。子どもたちからは「どうして色が変わるのか?」「何で二つの色に分かれるの?」など実際に体験したからこそ、感じられる疑問がたくさんありました。このなぜだろうと考えて疑問に思うことが子どもにとって大切な経験になります。次回は2学期です。どのような不思議さを体験できるのか楽しみです。


ページ上部へ