幼稚園ブログ

幼稚園ブログ

宝仙祭(こどもの作品展示)12月18日19日

2020年12月19日

例年は幼稚園から大学まで5部門同時開催の学園祭ですが、今年はコロナウイルス感染拡大防止のため、幼稚園はこどもの作品展示の宝仙祭を開催しました。こどもたちは様々な素材に触れ、作ったり描いたりする経験をし、小さい組は作った作品で遊んだり、テーマの世界に飾られたりすることの嬉しさを感じていました。当日は嬉しそうに親子で見学をしました。

 

<年長組『宝仙の町』>

年長①  年長②
 年長③  年長④
  一人ひとりが何日もかけて作った家を中心に広がる町には、子どもが考えて作った様々な商店が並びました

 

<年長組『3年間の絵』>

年長⑤ 年長⑥
  3歳から5歳の3年間で描いた絵画作品を展示しました

 

<年長組『宝仙タワー』>

年長⑦
 こども教育宝仙大学との共同企画。捧教授に指導をいただき「宝仙タワー」の完成です。

幼稚園の玄関がおしゃれなギャラリーになりました!!

 

<年中組『動物園』>

年中①  年中②
  クラス全員で作った大型動物、2人組で協力して作った動物たち。遠足や移動動物園で見たものをつくり、そこへ出かける自分の人形を思いを込めて作りました

 

<年少組『みんなで行こう!動物の森』>

年少②  年少①
  空き箱の動く車、ぺーパー芯の動物、形の組み合わせで作った家など、子どもたち一人ひとりがイメージして作りました

 

<最年少組『うさぎのけーき屋さん』>

最年少① 最年少②
  はさみ、セロテープ、紐通しなど様々な経験をしながらおいしい「うさぎのけーき屋さん」を作りました

 

 ガイドルーム① ガイドルーム②
  『ガイドルーム』幼稚園の歴史や園生活の様子を紹介しています

 

母の会① 母の会②
  お母さんたちが作った『SmileTrain』親子の笑顔を乗せて園内を走ります

 

 親子①  親子②
 親子で見学。自分の作った作品を一生懸命に説明していました。  お家の方に見ていただいて嬉しかったですね。

年長組 園外保育 多摩六都科学館 12月11日(金)

2020年12月12日

年長組が園外保育で多摩六都科学館に行ってきました。
自分の図鑑で色々なものを調べる楽しさを感じたり、11月の理科実験教室を通して科学の不思議さを体験していたことで、今回の園外保育をとても楽しみにしていた子どもたちでした。
『チャレンジの部屋』『からだの部屋』『しくみの部屋』などテーマに沿った体験コーナがあり、子どもたちは興味津々!実際に体験しながら「すごーい」とまずは歓声をあげ、繰り返し行ううちに「どうして?」「なんで動くの?」と不思議に思っていました。科学館の方や先生達から仕組みを教えてもらうと「そうなんだ!」と子どもたちには納得し、それぞれに理解をする様子がありました。
様々な体験をしてきた年長組だからこそ、楽しむことができる園外保育となりました。
次回が、園生活最後の園外保育となります。子どもたちが「幼稚園の遠足は楽しかった」と思えるような内容にしていきたいと思います。

 1 2
 3  4
 5  6
 7  8

 

年中組、年長組 おつとめ (合同礼拝) 11月9日(月)

2020年11月10日

年中組と年長組が初めて合同で一緒におつとめを行いました。
年長組は年中組の見本となるよう、その場にしっかり立つこと、静かに手を合わせること、そして、しっかり口を開けて歌うことなど年長としての立派な態度を見せることができました。年中組は、年長組のおつとめ当番の様子や、綺麗な歌声、手を合わせる姿を見て、ますます年長組への憧れの気持ちを抱きました。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

5歳児 理科実験教室 11月6日(金)

2020年11月10日

年長組が宝仙学園小学校 理科専科の山崎先生・吉金先生の指導のもと理科実験を行いました。
小学校の様々な道具がある理科室、小学生が使う椅子・机など4月から小学生になる年長組にとってワクワクする環境の中で行われました。
今回のテーマは「科学の魔法」 試験管の中にある液体に、別の液体を入れると・・・
試験管の中が光り「うわ!ひかった!」と驚いていました!
別の実験では、色のついた液体をスポイトで吸い、別の液体の中にそーっと垂らすと・・・
「あれ?いくらみたいなものができた!」「なんだろう?」と何度何度も試していました。
理科実験教室では、子どもたちの「不思議」「気づき」「発見」を大切にしています。「なぜだろう」「どうして?」の気持ちが、「もっと知りたい」になり、小学校以降の学ぶ意欲につながると考えています。
子どもたちの「不思議」「気づき」「発見」を感じている写真です。どうぞ、ご覧ください。

※今回はルミノール反応による発光の体験、人工いくらづくりの体験をしました
ルミノール反応は暗闇の中での実験だったため写真がうまく撮影できませんでした。

 1 2
 3  4
 5  6
 7  8
 9

5歳児 いもほり遠足 10月29日(木)

2020年10月30日

年長組になって初めての遠足!進級してからなかなか行くことができなかったので、子ども達は今日の日をとても楽しみにしていました。

バスに乗って川越市のあらはた園にGO!!。到着すると畑の広さに驚く子どもたち。

あらはた園の方に芋の掘り方を教えていただき、芋掘りスタート!猫の手にして、力強く土を掘ると・・・次から次に芋がどんどん出てきて大喜び!袋に入ったたくさんのお芋の重さを感じながら嬉しそうに運んでいました。

食後は、近くの雑木林で遊びました。雑木林にあるドングリや木の枝などを使って遊びました。幼稚園では経験できないことをたくさん経験することができた秋の一日でした。

1  2
 「お芋は土の中にたくさんあるから、しっかり掘ってください!」
あらはた園の方が掘り方を教えてくれました
 芋掘りスタート!いくつ見つけることができるかな?
 3  4
  「こんなにたくさんほれた!」「せんせい!みてみて!」と芋の収穫に大喜び!
 5  6
 久しぶりのおにぎり弁当 「お母さんのおにぎり さいこー!」  収穫後の平らになった広い畑でのびのび遊びました
 7  8
 9  10
    雑木林では木の枝やどんぐりなど自然物を使っていろいろ遊びました。ドングリもポケットに入りきらないほど、

たくさん拾ってポケットがパンパンになりました。

 

遠足はやっぱり楽しいね!!

 


ページ上部へ