幼稚園ブログ

幼稚園ブログ

誕生会

2014年06月16日

今日は待ち待った誕生会。学年みんなで5歳になったお友達のお祝いをしました。

まずはお誕生日のお友だちにインタビュー!
クラスと名前、好きな遊びを一人ひとりに聞きました。
5歳のお友だちはみんなの前で縄跳びに挑戦します。
「1,2,3,4,5! ハイ、ポーズ!」
子ども達は5色の色の意味、
「赤は、太陽のようい明るく頑張る心」
「青は海のように広い心」などを知ります。
誕生会の後はお楽しみ!今日のお話は「金のがちょう」です。
最後には誕生日のお友だちもくっついて・・・
「くっついちゃったら 離れない。どうしよう!」

みんなで楽しくお誕生会に参加をしました。

 

中野区親睦卓球大会壮行会

2014年06月13日

来る6月28日(土)に中野区私立幼稚園連合会の親睦卓球大会が催されます。「今年こそ優勝をする。」と選手代表のお母様の力強い言葉に、応援団長の先生の「フレーフレーお母さん!」「ガンバレガンバレお父さん!」盛大なる応援に今年はもと年長組の子どもたちと応援に駆けつけたお母様方で選手、係のお母様方にエールを送りました。それに先立ち、幼稚園の子どもたちとお母様方とで壮行会を行いました。きっと幼稚園に優勝旗を持ってきてくれることと思います。

1 2
 3  4
 5  6

砂場遊び

2014年06月11日

梅雨の合間の蒸し暑い日、年中組全員で砂場で開放的に遊びました。
スコップを持ってきて穴を掘る人、一生懸命手で掘る人、水を入れる人に分かれて大きな川や池、山などをみんなで力を合わせて作りました。
川や池ができると裸足でジャンプをしたり、砂や泥に充分に触れることで感触を楽しんだ子ども達でした。

穴を掘ってジャンプ
「冷たいけど、気持ちいい!!」
「濡れないようにズボンをまくらなきゃ!」
「どこまでほ彫ろうか??」
友だちと相談して進める子どもたち
 
   
「さあ、掘るぞ・・・もっと水流して」
手で水の通る道を掘り進めていきました
「きた、きたー・・・水の流れをよくするのにもっとほるぞー」
水の流れを見ながらたくさん掘りました

 

大忙しの一日

2014年06月11日

6月9日(月)
どうして朝からこんなに忙しかったのか?
順を追ってお知らせいたします

   
9:05 登園して直ぐ、園庭に実った梅を取る作業。
「先生、ここに梅がなっている・・ここ・・ここ」
子どもが見つけて先生が脚立に登って梅を取ります。
「ハイ・・取ったよ。水で洗ってね・・」
93個の梅が今年は収穫できました
 
9:20 次は野菜の収穫です
毎日心をこめて育てたピーマンとなすがようやくできました
収穫第1号は、宝仙寺の仏様と理事長先生の分
一つ一つ丁寧に取ります
   
続いて「じゃがいも」の芽の間引きをしました
大きなじゃがいもにするために、いらない葉をとったらこんな量に
「葉っぱとったぞ・・!」すごい量
朝収穫した野菜を理事長先生に差し上げました
皆で声をそろえて
「年長組が育てたナスとピーマンです。召し上がってください」
   
10:35 梅ジュースつくり
幼稚園に帰ると急いで遊び着に着替えて・・・・
一人一個 梅の実のへたを取り、爪楊枝で穴を開けます
「美味しいジュースになあれ・・」と口ずさんで・・
3クラスで穴を開けた梅の実をビンに入れて、砂糖を入れて
あとは毎日眺めて・・・シューズになるのを今か今かと待ってます
   
10:00 プール開き
学園皆の代表として「プール開き」に参加しました
理事長先生が米・塩・酒をプールに入れて、これからのプールの活動が安全に行われるように祈願をしてくださいました
制服でお数珠を持ち、最後までしっかりとおつとめができました
今年のプールあそびを楽しみに待つ子どもたちです

協同制作:アジサイ作り

2014年06月07日

ある日の降園前・・・「そろそろ6月だから壁に何か飾りたいね」と担任。「6月はアジサイのお花が咲くんだよ」「かたつむりとかさぁ・・・」と話が広がりました。「あ!あたし折り紙のアジサイの折り方知ってる!本に載ってた!その本持ってくるよ!」と言う一人の女の子のアイディアをきっかけに皆でアジサイを作ることになりました。

長 あじさい1  
一人二つのアジサイを折り、グループで一つのアジサイを作ります。細かいところを折るのも上手になってきました。  
長 あじさい3 長 あじさい2

「アジサイってどんな形だったっけ?」「丸だよね」と皆の花を丸くなるように貼りました。

長 あじさい4  
「僕は葉っぱにのり塗るから、○○ちゃんはお花貼って」と役割を決めて動く姿もありました。  
長 あじさい5  
最後はグループの皆でアジサイの周りに、自分たちでイメージしたものを描き、一つのものを友達と一緒に作る喜びを感じているようでした。  


ページ上部へ