幼稚園ブログ

幼稚園ブログ

「じゃがいも、たべたぞ~」

2011年06月21日

年中の終わりに植えたじゃがいもが、土の中で静かに眠り、やっと収穫時期をむかえました。始めは立派な茎が伸び、芽かきを子どもと行い毎日様子を見ました。日に日に、葉っぱが枯れ、茎がしなびれ、収穫のチャンス到来!!
張りきって土を掘り、おいしく食べました。

じゃがいも1 じゃがいも2
           土に手を入れ、じゃがいもを探します。
「ほんとにできてるかな?」「あったー!」
     葉っぱを引っ張ると、根っこにくっついていました。
「見つけたー!赤いのはさつまいも??」
      「じゃがいもだけど・・・園長先生は知ってるかな?」
じゃがいも3  
             掘ったじゃがいもを洗います。
     「しっかり土をおとさなきゃ!」
 
じゃがいも4 じゃがいも5
お鍋にじゃがいもを入れ、ぐつぐつ煮ます。時折、やわらかくなったのかを保育者が調べます。やっとできたじゃがいもを、おいしそうに食べました。
「ほくほくでおいしい!」「塩ふってー!」「おかわりほしいー!」
自分たちで育てたものを食べるのは、格別においしいです。良い経験となりました。
   
   

年中組 きゅうりの収穫、食べる

2011年06月16日

春に植えたきゅうりの苗、「大きくなぁれ~」と毎日優しくお世話しました。つるが伸び、花が咲き、実が日に日に大きくなっていく成長を目の前で経験し、収穫を楽しみにしてきました。「これならおいしいきゅうりになった!!」と十分に大きく育ったものを収穫し、年長組や年少組にもお裾分け、皆でおいしくいただきました。

きゅうり1 きゅうり2
「落とさないようにそっと、そっと…」
大切に育てたきゅうりを慎重に切りました
「切れた!!なんだかチクチクして痛いなぁ」
新鮮なきゅうりは、トゲトゲしていることを発見しました。
きゅうり3 きゅうり4
「たくさんのきゅうりが採れた」きゅうりの収穫を喜びました 「年中組が作ったきゅうりです」理事長先生にもお届けすると、笑顔で受け取ってくださいました
きゅうり5 きゅうり6
「猫の手で、よ~く見て…」
先生と一緒に包丁を使い、きゅうりを切りました
「きゅうりで乾杯!」
自分たちで作ったきゅうりは、格別おいしいきゅうりでした

ダンボールハウス遊び

2011年06月14日

日曜参観で、年長組がお父さんと一緒にダンボールハウスを作りました。
各クラス、生活グループに分かれ、子どもだけの協力だけではなく親子の協力、大人同士の協力もあって15棟のダンボールハウスができました。
当日は作ることで精一杯!遊び足りない子どもたちの様子をみて、次の日、雨が予想されていましたが、また遊べるように先生たちは、ダンボールハウスをテラスや1階保育室に運び、雨やどりさせました。次の日のお休みの日はザーザーの雨。先生たちは「ダンボールハウスは大丈夫かしら・・・?」と心配しました。

休み明け、園庭にはダンボールハウスがいっぱい!!!子どもたちは大喜び!!
さっそくおうちで遊びだす子どもたちでした。

だん1  
様々な学年がダンボールハウスで遊んでいます。
「こっちに大きい家があるよー!」「調度いい椅子があった!」
 
だん2 だん3
だん4  
 自分達の隠れ家にして喜んでいます。
「子どもしか入っちゃダメだよ~」「ここ崩れそうだから直そう!」
だん5 だん6

年中組の遊びに来て、おうちごっこが始まりました。 「お団子作り上手でしょ~」「こことここくっつけちゃおうよ!もっと大きくしよう!」

だん7 だん8
 時間が経つと遊び方が変わり、おうちの形を自分達でアイディアを出し合い、また違うおうちが出来てきました。 「ここ階段つけようよ!」「宇宙船みたいだね!」
ダンボール11 ダンボール12
「わーい お家だー!」ままごとセットをもってきて、お家ごっこが始まりました 「トントントン、入れて」「どなたですかー?」窓を開け閉めしたり出入りしたりして楽しんでいました。
ダンボール9 ダンボール10
子どもたちは遊んでいても、先生たちは使わないダンボールを少しずつ片付けていきました。その様子をみて、片付けマンの子どもたち参上!
十分に遊んだ子どもたちは片付けも遊びとして楽しんでいました。
楽しく遊んだ後は、片付け片付け!力を合わせてワッショイワッショイ運びました。

日曜参観の活動を保育の中で引き続き楽しむことができました。年長組だけでなく園全体で片づけを含め充実した1日になりました。
日曜参観に参加していただいたお父様、お母様どうもありがとうございま

協同活動:あじさいの壁面装飾からイメージを広げて…

2011年06月10日

池組の壁面に布で作ったあじさいの花が飾ってあります
担任   「あじさいのお花きれいね」「あじさいが咲く頃って、他にどんなことがあるかな?」
子ども達 「雨」「かえる」「かたつむり」「にじ」「かさ」・・・
たくさんのあじさいから連想されるイメージがでてきました

池 クレヨン1  
「大きな紙に、皆で描いてみよう!」
6mほどの不織布を広げると、「大きい!」「早く描きたーい!」と歓声が上がりました
 
池 クレヨン2 池 クレヨン3

はじめは、一人ひとりが自分のイメージで描き始めました

池 クレヨン4 池 クレヨン5

そのうちに周りの友だちの描いているものが気になりだして…
隣の線と自分の線をつないだり、友達の描いた絵に付け足したりと、共通のイメージで描くことを楽しみました

池 クレヨン6  
イメージはどんどん広がって・・・
「絵本の『しずくのぼうけん』みたいだね」「この前読んだ『ちいさいきいろいかさ』もかこうよ!」と、大好きな絵本の題名が浮かんだ子
 

 「雪組のときに歌った『あめふりくまのこ』だよ」「『にじ』も歌おうよ」と、自然に歌を口ずさみ、歌詞の様子を描く子などなど、子ども達のイメージの広がりは、止まることはありませんでした
最後には、「あー!楽しかった!また描きたいね」と言い合い、あじさいの上に皆で描いた作品をかざりました
池組の保育室をぜひ、のぞいてみてくださいね!

年中 雨の散歩

2011年06月08日

朝からシトシト雨が降っていて、外で遊ぶことができませんでした。ですが、せっかく降っている雨を楽しもう!と、雨の中を散歩しました。
雨の中を散歩することがない子どもにとっては、新しい雨の楽しみを知ることとなりました

中散歩1 中散歩2
    雨の中の園庭にはどんなことがあるのかな?
子ども達はドキドキです
       1本の傘にお友だちと一緒に入ります
「二人で入ると、傘が小さいね」
中散歩3 中散歩4
木を揺らすと雫がたくさん降ってきます
傘に雫が当たり「ポタポタ」と鳴ると子どもたちは大興奮!
「大雨注意報!!ご注意ください」
傘からはみ出さないように、お互いを思いやります
中散歩5 中散歩6
園庭の木は、大きな傘にもなるけれど、大雨装置にもなりました 木の下で雨やどり。遠くにいる先生に「やっほー!!」
   
   
   
   


ページ上部へ