HOME > 宝仙学園の歴史

宝仙学園の歴史

 平成30年度(2018)、宝仙学園は創立90周年を迎えます。そしていま、視点を次なる100周年に向けて、着実な歩みを続けています。伝統を受け継ぎ、進化をはかる。宝仙学園の歴史は「伝統の進化 」を 「未来の創造 」へとつなげていく足跡でもあります。

昭和元年代(1926~1934)


中野高等女学校


恩地孝四郎氏
による校旗

山田耕筰氏
自筆の楽譜


登校風景


感応幼稚園
■学園
●宝仙寺第五十世大僧正
 中野高等女学校設立を発願(昭和元年)

■高等学校
●中野高等女学校を設立(昭和3年)
当時としては画期的な鉄筋コンクリート造りの地上3階・地下1階、スチーム暖房等を設置した、耐震耐火の校舎が建設された。
●校章を制定(意匠 恩地孝四郎)(昭和6年)
●校歌を制定(作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰)(昭和8年)

■幼稚園
●感応幼稚園を設立(昭和2年)
幼稚園も教育機関であることが社会的に認知されない時代状況にあって、保育年限を1年から2年に改正し、幼稚園教育の基礎を固めた。昭和29年に宝仙学園幼稚園と改称した。
●園章を制定(図案 国画会土田文雄)(昭和8年)
●園歌を制定(作詞 西条八十 作曲 中山晋平)(昭和9年)

昭和10年代(1935~1944)


感応幼稚園の2階に開設された仏教保育協会保姆養成所


近代的な調理室が設置された園舎には多くの見学者が来訪
■大学
●仏教保育協会保姆養成所を設立(昭和10年)
当時は、仏教系の保母養成機関は京都に1校あるのみで、東京では初めてであった。また、幼稚園と同じ場所にあることから、幼稚園は学生たちの実習の場となった。その後、昭和14年に仏教保育協会中野保姆養成所、昭和19年に中野保母養成所、昭和21年に中野高等保育学校と改称した。
●戦争が拡大するなか農繁託児所を開設(昭和17年)

■幼稚園
●全国で初めて完全給食を実施(昭和15年)

昭和20年代(1945~1954)


感応幼稚園の2階に開設された仏教保育協会保姆養成所


■学園
●財団法人宝仙学園設立認可(昭和23年)
僧正、理事長に就任(昭和23年)
●財団法人から学校法人に学園組織を変更(昭和26年)

■大学
●宝仙学園短期大学保育科を設立(旧・中野高等保育学校)(昭和26年)
●校章を制定(昭和26年)

■高等学校
●宝仙高等学校が発足(旧・中野高等女学校)(昭和24年)
●宝仙学園高等学校と改称(昭和29年)


開校時の宝仙学園小学校


当時としては画期的な教育 行事であった箱根林間学校
■中学校
●宝仙中学校が発足(旧・中野高等女学校)(昭和22年
●宝仙学園中学校と改称(昭和29年)
●毎日新聞社主催の全国学生音楽コンクール全国大会(合唱の部)で
 優勝(昭和29年、翌30年と連続優勝)


■小学校
●宝仙学園小学校を設立(昭和28年)
小学校の開校により幼稚園から短期大学までの一貫教育体制が確立した。
●校章を制定(昭和29年)
昭和34年には校歌を制定した(作詞 笹澤美明 作曲 岡本敏明)。

昭和30年代(1955~1964)


昭和30年代の宝仙学園全景


校内テレビスタジオ


園舎新築とともに3年保育を実施

■学園
●学園歌を制定(作詞 笹澤美明 作曲 清水 脩)(昭和34年)

■大学
●宝仙学園短期大学生活芸術科を設立(昭和39年)

■中学校
●校内にテレビスタジオを開設(昭和37年)
昭和20年代から他校に先がけて視聴覚教育を推進。国内外から注目を集め、昭和30年代後半からは、デンマークテレビ局をはじめアメリカ・カナダ教育視察団等の来校が相次いだ。

■幼稚園
●新園舎が完成(昭和38年)

昭和40年代(1965~1974)


村人にわら細工を教わる


明るく広い図書館


代々木公園での園外保育
■大学
●専攻科保育専攻を設置(昭和42年
●利賀村移動授業を開始(昭和49年)
保育科は利賀村で、生活芸術科は関西古美術旅行として移動授業を開始。ユニークな教育行事として注目を集めた。

■中学校
●図書館教育を充実(昭和49年)
昭和33年(1958)に新設された図書館の充実は目覚ましく、蔵書は文部省基準を大幅に上回り、49年(1974)の時点で1万7千冊に達した。

■幼稚園
●園外保育を実施(昭和45年)
高度経済成長の歪みにより公害が発生するなか、子どもの健康を留意する教育を考え、園外保育を実施した。

昭和50年代(1975~1984)




田植えを体験
■学園
●創立50周年を迎える(昭和53年)

■小学校
●勤労体験学習を開始(昭和54年)
埼玉県の坂戸地域で農家見学、田植え、稲刈りなどが行われた。この体験学習はその後、小学 校の伝統行事となった。

昭和60年・平成元年代 (1985~1997)


記念館4階のプール


大学4号館多目的ホール


第1回韓国保育研修


東亜学園との交流協定調印式


コンピューター教室でパソコンに慣れ親しむ児童たち

■学園
●創立70周年記念事業を推進(平成8年~)
70周年記念館の建設はじめ短期大学4号館など施設の拡充を行う。

■大学
●保育科が韓国保育研修を開始(昭和63年)
●保育科を保育学科と、生活芸術科を生活芸術学科と改称(平成5年)
●大韓民国の東亜学園と交流協定を締結(平成7年)
●生活芸術学科を造形芸術学科と改称(平成9年)

■高等学校
●海外ホームステイを開始(昭和60年)
第1回の行き先はアメリカ・サンディエゴ。その後、昭和63年(1988)からオーストラリアのシドニーとなった。
●オーストラリアのセント・ジョセフ高校の生徒が初来校(平成7年)
セント・ジョセフ高校とは平成10年(1998)に姉妹校協定を締結した。

■小学校
●コンピューター教室を設置(平成8年)

平成10年代(1998~2007)


シンボルマーク


特色GPに選定された
利賀村移動授業

■学園
●宝仙学園のシンボルマークを制定(平成12年)
●冨田道生副理事長が理事長に就任(平成14年

■大学
●専攻科造形芸術専攻を設置(平成10年)
●保育学科が漢陽女子大学幼児教育科と教育・研究協定を締結(平成15年)
●保育学科の「利賀村移動授業 」が文部科学省「特色ある大学教育支援プロ
  グラム」(特色GP)に選定される(平成17年)

●保育学科の「保育者養成における平和教育ー韓国保育研修ー」が文部科学省
 「特色ある大学教育支援プログラム」(特色GP)に選定される(平成19年)


■高等学校
●女子部に保育コースを設置(平成18年
●特別進学留学コースを設置(平成19年) 

共学部(理数インター)の
生徒たち

■中学校
●共学部(理数インター)を新設(平成19年)

■幼稚園
●未就園児クラブ「ベストリッチクラブ」が発足(平成10年)
●満3歳児保育を開始(平成12年)
●課外教室「スポーツランド 」を開始 (平成13年)

宝仙学園の近年

平成20年~24年(2008~2012)


大学1号館4階棟


大学1号館・2号館


中学・高等学校3号校舎全景


中学・高等学校3号校舎外観


涼しげな
色あいの夏服

品のあるデザインの冬服
■学園
●創立80周年記念事業で施設を拡充(平成21年)
■大学
●こども教育宝仙大学が開学(平成21年)
●4年制大学として完成年度を迎える(平成24年)
■高等学校
●女子部がニュージーランド留学を開始(平成20年)
●共学部(理数インター)を新設(平成22年)
●共学部がスタンフォード大学研修を開始(平成23年)
●共学部が中高一貫校として完成年度を迎える(平成24年)
■中学校
●共学部がIWB(電子黒板)を活用した授業を開始(平成21年))
●共学部が中高一貫校として完成年度を迎える(平成24年)
■小学校
●3・4年生の英語教育を開始(平成22年)
■幼稚園
●預り保育「しいのみキッズ 」を開始(平成22年)
●制服を制定(平成24年)

平成25年~29年(2013~2017)


大学5号館


オーストラリア幼児教育体験 ・英語研修(大学)


利賀村研修記念式典(大学)


Imagine Education Australia
と姉妹校協定締結(大学)


カナダ研修(高等学校女子部)


アジア研修(中学校共学部)


創立10周年記念式典(中学・高等学校共学部)


IWBを使った授業(小学校)


5年生の英語教育(小学校)


iPad を活用してアクティブ ・ラーニング(小学校)


年少組の英語教育(幼稚園)

■学園
●大学5号館(宝仙コモンズ)が完成(平成27年)
●冨田道生理事長が藍綬褒章を受章(平成28年)
●宝仙学園創立90周年記念ロゴマークが完成 (平成29年)
■大学
●第1回学位記授与式を挙行(平成25年)
●オーストラリア幼児教育体験・英語研修を開始(平成26年)
●第40回利賀村研修記念式典を挙行(平成26年)
●オーストラリアのImagine Education Australiaと姉妹校協定を締結(平成27年)
●「宝仙マイスター制度」がスタート(平成28年)
■高等学校
●共学部が第1回卒業証書授与式を挙行(平成25年)
●女子部が「アクティブ進学」「アドバンスト保育」の2コース制を開始(平成26年)
●女子部がカナダ研修旅行を開始(平成26年)
●共学部がセブ島英語留学を開始(平成26年)
●共学部が中高生のオークランド語学研修を開始(平成26年)
●女子部保育コースが創設10周年を迎える(平成27年)
●女子部ダンス部がアメリカ大会で優勝(平成27年)
●共学部が創立10周年を迎える(平成28年)
●共学部と女子部が合同でニュージーランド語学研修旅行を実施(平成28年)
■中学校
●中学女子部を廃止(平成25年)
●共学部がアジア研修を開始(平成27年)
●共学部が創立10周年を迎える(平成28年)
●新教科「理数インター」を設置(平成28年)
■小学校
●IWB(電子黒板)を活用した授業を開始(平成25年)
●5・6年生の英語教育を開始(平成26年)
●1・2年生の英語教育を開始(平成27年)
●全教員にiPadを導入(平成28年)
■幼稚園
●教育目標を改定 (平成26年)
●年中・年長組が英語教育を導入(平成26年)
●年少組が英語教育を導入(平成27年)
●課外教室「English House」を開始(平成28年)
●創立90周年を迎える(平成29年)
●教育課程を再編成し『教育計画 2017』を発行(平成29年)

宝仙学園の同窓会・父母会

こども教育宝仙大学

あかつき会(同窓会)
 昭和11年(1936)、第1回卒業式と同時に発足。名称は、釈尊が悟りをひらかれた夜明け「あかつき」に由来します。会報『あかつき』を年1回発行し、全国に広がる会員相互の親睦を深めています。

宝仙学園中学・高等学校

あさみどり会(同窓会)
 昭和7年(1932)、宝仙学園の前身である中野高等女学校の第1回卒業生によって発足。校歌の第1小節の歌詞「あさみどり 空は広く」からその名称がつけられました。会報『あさみどり』を年1回発行。同誌は、同窓生と学園を結ぶ絆となっています。
父母会
 昭和18年(1943)に母婦会、22年(1947)に後援会、翌23年(1948)にPTAが発足し、平成2年(1990)に父母会と改組され、現在に至っています。宝仙祭では父母会の作品展(絵画、書道、写真、織物など)が催され、来観者の目を楽しませています。
宝仙会(卒業生父母会)
 昭和36年(1961)発足。「宝仙学園の発展に寄与すると共に会員の親睦をはかる」を目的とし、父母会、あさみどり会、教職員との交流をはかりながら、学園発展のために活動を続けています。

宝仙学園小学校

光葉会(同窓会)
 昭和38年(1963)発足。新中学1年生を励ます新会員の歓迎会や、各回期卒業生と恩師との懇談会等を行っています。今日では、卒業生の二世が少なからず在学するようになっています。
宝友会(卒業生父母会)
 昭和58年(1983)発足。宝仙祭等で会員の親睦と交流を行っています。

宝仙学園幼稚園

母の会
 昭和3年(1928)発足。教育懇談会、講演会等を開催しており、さらに中野区私立幼稚園父母会連合会、東京都学校法人幼稚園PTA連合会に加盟し、幼児教育の振興に貢献しています。
同窓会
 昭和53年(1978)発足。新卒小学校1年生、2年生から6年生までを対象にした卒園生の会を行っています。昭和53年(1978)から年1回、同窓会2年生文集『かんのう』を発行しています。

学校法人宝仙学園 本部事務局 〒164-8628 東京都中野区中央2-28-3
Copyright©2013 Hosen Gakuen All Rights Reserved.